世田谷区の渡辺歯科医院|歯科・小児歯科・口腔外科・矯正インプラントセンター

インターネット予約

【予約電話】03-3420-8643 【住所】〒154-0017 東京都世田谷区世田谷3-7-7

歯科一般

むし歯治療

虫歯になる原因

虫歯は感染症(うつる病気)です。
口の中に生息する細菌が放出する酸によって歯が溶かされることによって生じます。

虫歯の治療内容

 初期の虫歯
極初期の虫歯(自覚症状の無い虫歯)は状況によっては麻酔せずに削っても痛くない場合があります。
そのような時はピンポイントで虫歯の部分だけを取り除き、樹脂で埋めて一回の治療で終了できる事もあります。
 中等度の虫歯
穴が開いていたり、食べ物が詰まったり、冷たいものがしみたり、自覚症状が出てきた虫歯はかなり大きくなっています。
麻酔をして痛く無い状態にして、悪い部分は全て取り除かなければなりません。
大抵は型を採って金属(銀歯)で治します。
 重度の虫歯
夜痛くて眠れなかったりするような虫歯は神経の近くか、もう神経まで達してしまっている状態です。
麻酔をして神経を取り除く必要があります。
神経を取り除けば痛みは無くなりますし、歯を抜かなくても済む場合が多いですが、神経を取ってしまうということは、歯はそこに有りますが死んでしまった状態です。神経が生きている歯よりも歯の寿命が短くなる確率が高くなります。
神経を取る前に治療をすべきです。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯周病細菌が異常繁殖し、歯茎に炎症が起こる病気です。
・歯肉が赤く腫れる
・出血しやすくなる
・歯の周りに多量の歯苔が付着し、口臭が悪化する
といった症状が見られますが、激しい痛みを伴うものではないため、放置し続ける方も見受けられます。しかし、状態が更に悪化すると歯が抜け落ちてしまうケースもありますので、早期の治療が必要となります。
歯周菌により歯周組織が破壊されると結合組織性付着が失われ、上皮のダウングロース(低下)による深い歯周ポケットが形成されます。これに伴い、歯根膜や歯槽骨が欠損して本来歯を支えるための歯周組織の機能が低下してしまいます。 1mmの歯肉溝と2mmの上皮付着と結合組織性付着の合計3mmの構造が歯周病細菌によって破壊されることを歯周病(歯槽膿漏)といいます。

歯周病レーザー治療について

歯周病レーザー治療では、レーザーを照射することで細菌の減少を図り、炎症組織を蒸散させます。
歯周病の原因となる、歯と歯茎の間のポケット(歯周ポケット)は、人それぞれ複雑な形状をしていますが、レーザーは光の一種ですので、その複雑な形状にぴったりと合わせた照射が可能であり、細菌を限りなく減少させることが可能です。
従来の歯周病治療は、症状により麻酔が必要であったり、出血が酷かったりと治療が思うように進まない事もあり、術後の治癒経過も遅い傾向にありますが、レーザー治療は麻酔が必要ない場合が多く、治療と同時に患部への殺菌・消毒や消炎も行える為、治癒経過も非常に良好となります。
故に、短期間での治療が可能ですので、患者さんへの負担が少ないという利点も持ち合わせています。

予防歯科

予防歯科について

虫歯を予防するにあたり、最も大切なことは毎日のご自身による歯みがきです。
いくら歯科医院で定期健診をしたり、フッ素塗布をしても毎日の歯みがきが疎かでは、虫歯を防ぐことは出来ません。
年齢・歯並び・噛み合わせ等、お一人おひとり条件が異なります。
患者さんに適した歯ブラシ・磨き方・磨く時間をご説明致します。

ホワイトニングについて

ホワイトニングは忙しい方、面倒くさがりやさん、3日坊主の貴方にピッタリの、1日で終るスピードコースです。ただし本来、歯の持っている色調にはいろいろなタイプがあります。そのため、その色調により効果の出にくい場合もあれば、一目で歯が白くなったとわかる場合などさまざまです。